2012-03-11

Fiddler(2.3.9.3): サーバ上のファイルを一時的に置き換える

サーバ上にあるファイル(CSS、JS、画像ファイル等)を修正したりデバッグしたいとき、修正ファイルをサーバにアップロードせずにテストできると便利です(アップロード→確認 を何回も繰り返す必要がなくなるため)。

Fiddlerを使うと、下のような手順でサーバ上のファイルを置き換えることができます(例としてサンプルのJavaScriptを書き換えてみます。Fiddlerの説明については「実はFiddlerがすごすぎたので、機能まとめ紹介 :  blog.loadlimit - digital matter -」が詳しいです)。

  1. サーバにある書き換えたいファイルをローカルに保存しておく
    今回の例では http://dl.dropbox.com/u/5447955/test/20120312/js/script.js
  2. Fiddlerを起動する
  3. サーバにある書き換えたいファイルをブラウザで開く(すでに開いていれば再読み込み)
  4. Fiddler左側にログがたまっていくので、そこから該当するファイルの項目を見つけておく
    image
  5. Fiddler右側のAutoResponderタブを表示する
    image
  6. 「Enable automatic responses」「Unmatched requests passthrough」にチェックを入れる
    image
  7. 4.の項目を右側にドラッグする
    image
  8. Rule Editorの下側を「find a file…」にして1.のファイルを指定する
    image
  9. 1.のファイルを修正する
  10. 3.で開いておいたファイルを再読み込みする

再読み込みするとファイルの内容がローカルのものになっているのがわかります。