2011-12-24

「プログラムとファイルの検索」という名前のコマンド型ランチャー

キーワードを入力してソフトなどを開くようなソフトをコマンド型ランチャーなどと呼びますが、

  • キーを1つ打つだけでランチャーを起動する
  • 名前を数文字打つだけで他のソフトやファイル、フォルダを起動する
  • コントロールパネルの項目なども名前を数文字打つだけで開く
  • URLを開く
  • キーワードの登録を行い、ランチャー内でキーワードを打つだけですぐに起動する


といったものであればWindows 7のスタートメニューにある「プログラムとファイルの検索」を使ってできます。ここでは「プログラムとファイルの検索」を使って上記のことをどのように行うかをまとめます。

※ Vistaにもあったと思いますがここでは7を想定しています。 ※ ここに書いてある一部のことは「ファイル名を指定して実行」(Windows + Rキー)でもできます。

起動

「プログラムとファイルの検索」を起動するにはWindowsキーを1回押して下さい。すぐに「プログラムとファイルの検索」の欄に入力ができるようになっています。

image

他のソフトの起動

ソフトをショートカットの山などから開いたり、マウスを使ったりするのが面倒なとき、ソフト名がわかっているなら名前を入力すればソフトを起動できた方が便利です。「プログラムとファイルの検索」にソフト名を何文字か入力すれば検索候補が表示され、Enterで開くことができます。

  • 例えば「wor」と入力してみてください。Wordが入っていればWordが検索候補として表示され、Enterを押すとWordが起動します。
    image
  • 例えば「mspaint」や「ペイント」と入力してみてください。Enterを押すとペイントが起動します。
    image
    • これはつまり「内部名(calc, cmd, regedit…)でも日本語(電卓, コマンド プロンプト...)でもよい」ということです。(「レジストリ エディタ」では引っかかりませんでしたが…)


フォルダやファイルを開く

深い階層にあるフォルダやファイルを辿って開くのは面倒です。面倒なのでショートカットをデスクトップに作ったりしますが、ショートカットを何個も作るのも面倒なとき、自分で場所を把握していれば「プログラムとファイルの検索」を使うと少ないキー入力でフォルダを辿ることができます。

  • 例えば「c:」や「c:\」と入力してみてください。Cドライブ直下のフォルダが検索候補として表示されます。必要なものを方向キー上下で選んでEnterを押すとフォルダが開きます(クリックでもいいです)。
    image
  • 必要なものを選んでいる状態でEnterを押さずに、「\」を押すと選んでいるフォルダ内のファイルやフォルダの候補が表示されます。
    image


また、特殊フォルダ名を入力して開くことも出来ます(「%userprofile%」、「%programfiles%」「%localappdata%」など)。例えば「%userprofile%」と入力して「\」を押すと、ユーザープロファイルフォルダ内にあるフォルダやファイル(「ドキュメント」、「ダウンロード」など)が表示されます。

image

コントロールパネルなどの項目を開く

コントロールパネルの項目を探すのはいつも本当に面倒ですが、これも「プログラムとファイルの検索」に必要な項目の名前を何文字か入力するだけで開くことができます。

  • 例えば「プリンター」や「print」と入力してみてください。「プリンターの追加」などの項目が検索候補として表示されます。
  • 例えば「ユーザー」や「user」と入力してみてください。「ユーザーアカウントの追加と削除」などの項目が検索候補として表示されます。
  • 例えば「環境変数」や「path」と入力してみてください。「環境変数を編集」などの項目が検索候補として表示されます。


image

URLを開く

どこかでコピーしたURLをブラウザで開くとき、ブラウザのアドレスバーにURLを貼り付けて移動するのが面倒な時があります。大抵のブラウザ(IE, Firefox, Chrome, Operaなど)ではCtrl + Lを押すとアドレスバーにフォーカスが行くのでCtrl + LしてからCtrl + Vで貼りつけてEnterでページ移動(※ OperaだとアドレスバーにフォーカスがなくてもCtrl + Shift + Vで貼りつけて移動)しますが、ブラウザを開いていない場合はブラウザを起動するのが面倒です。

「プログラムとファイルの検索」を使うとWindowsキーを押す→Ctrl + Vで貼りつけ→Enterだけでブラウザが開いていても開いていなくても既定のブラウザでページを開けます。

例えば「http://yahoo.co.jp」をコピーしておいて、貼りつけてEnterを押してみてください。既定のブラウザでYahooのトップページが開けます。

また、これは大抵のブラウザのアドレスバーと同じですが「http:yahoo.co.jp」と「//」を省略して打ってもページを開けます。

image

キーワードの登録

ショートカットが入っているフォルダにパスを通すことで、ショートカット名をキーワードとして、「プログラムとファイルの検索」でキーワードを入力→Enterでソフトやファイル、フォルダを開くことができます。

  1. 適当な場所にフォルダを作る(自分は「c:\users\<ユーザー名>\Shortcuts」というフォルダを作りました)
  2. 作ったフォルダの中に起動したいソフトやファイル、フォルダのショートカットを作って名前を短い名前(キーワード)に変更する(FileZillaだったら「fz」などの名前にする)
  3. 環境変数を開いて「Path」の末尾に「;」に続けて作ったフォルダの場所を指定する


image

(あまりショートカット登録していないPCでキャプチャしたので面白くないかもしれません…)

あとは「プログラムとファイルの検索」を開いてショートカット名を入力してEnterするだけでソフトやファイルが開けます。

 

覚えておくとマウスで時間をかけてフォルダを辿ってファイルを開く時間が省けたり、デスクトップがショートカットだらけになってそのショートカットをまた探さないといけない羽目になるのが防げだり、今まで自分のPCではランチャーを使っていたけど他の人のPCを触るときだと入ってないから面倒…というようなケースを防げたりするかもしれません。

2011-12-23

phpMyAdmin: CSVのフィールド区切り文字を変更する

phpMyAdminの最近のバージョン(3.5など。見た目がだいぶ変わっています)だと問題ないみたいなのですが、3.3などのバージョンだとCSVインポート・エクスポート時のフィールド区切り文字の規定値が「;」になっていて毎回変更しないといけないので規定値の変更方法を調べました。

config.inc.phpに次の設定を追加するといいようです。

$cfg['Import']['csv_terminated'] = ',';
$cfg['Export']['csv_separator '] = ',';

設定の説明はCSV – PmaWikiにありました。

2011-12-20

pChart 2.1.3: XYグラフを描画する

pChart(2系)でXYグラフを出力したかったので方法を調べていました。幅などを直接指定していたり若干やっつけですがこんな感じで出るみたいです。

コード

結果


X-Yの組を2種類作っているので少し長く見えますがやることは少ないです。最終的にdrawScatterLineChart()を呼ぶと折れ線が、drawScatterSplineChart()を呼ぶと曲線が、drawScatterPlotChart()を呼ぶとプロットが描画されます。

pChartは表示がきれいでいいなーと思うんですがドキュメントに嵌められることがあって、drawScatterScale()の説明でフォーマットの"LabelRotation"がX軸ラベルの回転を指定すると書いてあるのに実際ソース見ると"XLabelsRotation"だったり、drawScale()の説明の画像にはX軸名(Months)が表示されていて、X軸名を指定している箇所がsetSerieDescription()しかないのに setSerieDescription() ではX軸名が出なくてsetAbscissaName()を使わないといけなかったりします。

2011-12-19

野良猫に近づく

近所に野良猫が溜まっています。今は大小含めて7~8匹ほどいるみたいなので、どれだけ餌なしで近づいて写真が撮れるか空いた時間に試しています。


他にたぬきみたいな顔の猫や、メインクーンみたいなどう考えても野良猫じゃない猫などがいるんですが、まだ上手く撮れていません…。

ただ何日もやっていたのでどうやって近づくといいか少しわかってきました。
  • 目を合わせない
    • 目を合わせずに近づくと結構近くまで行けるときがあります
  • 直線で近づかない
    • 他の場所に行くようなコースで近づくとあまり逃げません
  • 急に動かない
  • 音を出さない
    • 落ち葉を踏んだりすると敏感な奴は逃げます。一匹逃げると近くにいる奴も一斉に逃げます
  • 逃げられたら追わない
    • 少し離れて時間が経つとまた戻ってきます
野良猫、あんまり多いので駆除されてしまうかもしれません。

2011-12-12

ZXing 1.7: CaptureActivityをWIndows上でビルドして実行

WindwosでZXing 1.7のCaptureActivity(zxing\android\)をAndroid 1.6をターゲットにしてビルド、実行しようとしたところZXingのGettingStartedのページにあるRun on Androidの手順ではうまくいかなかったので手順を記録しておきます。
(Windows 7 64bit / Eclipse 3.7(Pleiades All in One))

  1. あらかじめAndroid SDKをダウンロードしてインストール、antをダウンロードしてパスを通す
    • Android SDKはtools\、antはbin\にパスを通す
  2. ZXing-1.7.zipをダウンロードして展開する
  3. zxing\coreをビルドしてcore.jarを生成する
    cd core
    ant build
  4. CaptureActivityのプロジェクトをアップデート
    cd ..\android
    del build.xml
    android update project -p . -t 4
  5. Eclipseでプロジェクトを作成、core.jarをビルドパスに含める
    1. [ファイル] > [新規] > [新規Androidプロジェクト]を選択
    2. 「外部ソースからプロジェクトを作成」を選択
    3. 「ロケーション」をZXingのandroidディレクトリがある場所にする
    4. ターゲット名をAndroid 1.6にして[完了]ボタン押下
    5. パッケージ・エクスプローラでプロジェクトを右クリック → [ビルド・パス] > [外部アーカイブの選択]、などで core.jarをビルドパスに含める
  6. AndroidManifest.xmlのandroid:xlargeScreens属性を削除 (ant debugでビルドが失敗するため)
  7. デバッグビルド (R.java等の生成のため)
    ant debug
  8. 実行
    (Eclipseのパッケージ・エクスプローラでプロジェクトを右クリック → [実行] > [Androidアプリケーション] など)

ZXingTestActivity(zxing\androidtest\)も同じ要領で実行できます。

2011-12-01

色相環とHSLカラーピッカー

色を上手く選べるようになりたいと思っていたところHSB(HSV)だと色を選びやすいと聞いたので最近はHSBで色を選ぶようにしているんですが、色相(hue)の値が覚えられないので画像を作って覚えることにしました。

画像を作った後でプログラム作ったほうがわかりやすいんじゃないかと思ってTM LifeさんのCSS3 で追加された HSL の使い方にあるサンプルプログラムを参考にカラーピッカーを作りました。ただ<canvas>, <input type=range>などを使っていてChromeでしかしっかり動かないです…。

あと作ったプログラムの色空間はHSB(Hue, Sturation, Brightness)ではなく今のところHSL(Hue, Saturation, Lightness)です。HSBだとS=0%/B=100%が白、S=0%/B=50%が灰色、B=0%が黒ですがHSLだとL=100%が白、S=0%/L=50%が灰色、L=0%が黒です。